忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

アフター2017

ご無沙汰しております。

前回がアレなんで、
今回はさすがに、ほぼ産卵完了してアフターでしょう、と見込んで
和歌山県桜池に行って参りました

今回は前回と同じ釣り方 ひたすらシャクりまくり
いつもなら色んなルアー試すんですが、冒険はあまりせず守りに徹し
どこまで同じルアーが通用するのか?
っちゅうことで、とことんZAGGER使い込んできました。




■池の状況


水面の水温は午前7時に測定しましたが28度程度もあった。
☆A☆TSU☆I☆
水位はさらに減水傾向にある、前回よりー30cmほど
水質は全体的に普通(ステイン?)
で、池の端のトロロ藻の生えてるようなエリアは泡が消えず水は悪い。

ブルーギルはスポーニング真っ盛りといったところ
婚姻色しっかり出た濃い色のギルは、ネストにどっしり構えていて、
ルアーに興味を示すのは2インチ程度の色の薄いチビギルのみ。

バスはネスト守ってそうなのが一匹いたが、ほとんどアフターとみられ、
スクールを形成して特定エリアを巡回している奴らもいる。
岸際のカバーに隠れて陣取っている奴も結構いる印象。

コイも元気にシャローをうろついている。






■感じたことなど


早い動きのモノに対して全然反応してくるし
かなりの速度でチェイスしてくる、
ただし、ルアーやそのサイズによる。
水を動かすような中~大型ルアーは、少ししか投げていないが、
ビーフリーズ78は全然無反応だった。

今回はほぼ終日、ザッガー(=小型ロングビルミノー)
による釣りでした。
それでも平均サイズがいつもよりも大きかったことから思うに
大きい魚が大きいエサを食ってるのではなく、
弱いものいじめならぬ小さい魚をメインに食っていて、
まだまだ本調子ではないのかな~
と推測しました。

■トップウォーター(3DSポッパー)
前回は、急深の岸際の水面などに結構反応があった印象だけども
今回はよろしくない・・・。
おそらく岸際のカバー奥の奥まで潜っているせいかも。
開けた場所にはポカンと浮いてない感じがした・・・。
ただしシャローの一等地ではバスが高活性にトップに反応してくれた。


■お戯れピンズミノー
今回初導入のヨーズリ ピンズミノー70F
んん~~、完全にお戯れ用ですねコレはw
メガバスのULTRAFUNCTION竿でチャチャチャッとしゃくると
狂ったような子バスが釣れるw
 
右の奴などは、勢いつけすぎてルアーが水面から飛び出してしまったのだけど
そのまま突進してきてルアーが着水するや否や引っ手繰ってバイトした魚。
相手はチビだけど大変面白かったです。

■3DSミノー
3DSミノーによるウィード際攻め

ウィード際は引っかかって鬱陶しいから。
スピナーベイトやらワームで攻める人がほとんどやと思う。
が自分はこのミノーが好きなのでこれでガンガン攻めるwww

この白いカラーは釣ったことなかったけど全然アリ
今回アタリは感じなかったのだけど、ポーズでのダート中にギラっと
魚体が翻ったのが見えたので竿で聞いてみたら食ってた。
しびれましたね~!



■合計:


バラシは3回、竿捌いているときにエラ洗いで外された模様
悔しい。

ノンキーパーサイズもしっかりカウントすると、50尾程度?
重複あったらスマソ(前の項での写真も一緒に入ってます)

・・・さすがに傷つけてしまったバスも2、3、出てきてしまった
暴れているうちにエラにささって傷つけてしまったバス、
釣り上げた時に出血は無かったが針抜いたら血ドバーっと出てきたバス、、
エラまわりはめちゃくちゃデリケートなんで気を遣いますね
申し訳ない。もっと手際よく・・・




次回は、
補充したHMKLザッガーの仲間達での攻略、
および、
今回攻められなかったヘビーカバー回りをワームやジグで攻略したいところ。

ハイギアの右巻きベイトリールを入手しないと。

なお今回は初めてABUリール、
しかもベイトフィネス(ALC-BF7)を導入して、その印象が良かったので
BLACK9を買おうと思います。ABUリール増殖なるか?ww
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R