忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

スーパースレッジで釣る

おつかれさまです

そろそろ今年も釣り収めかなぁなんて思い、
本格的に寒くなる前に釣りに行っておこうと焦り、
T19さんとお互い忙しい中ボートに乗ってまいりました!
琵琶湖の南湖エリアになります。
釣りに行く前から懸念していたのは、暴風

季節が1歩進んだ感じ、を前日あたりから肌で感じており、
もしかするとボウズ食らうかもと思いました。
去年か一昨年か、秋に琵琶湖南湖をボートで出撃しましたが、
アタリもなくボウズくらったことありますので
バスを見失うと十分同じ轍を踏むこともありえます。


今回試したかったのは、実はビッフルバグだったのですが、
ハードボトムないですし・・・南湖ですし・・・

あと、バークレイ ラトルスネークと、
ダミキのスリンヘッドを用いたマキマキ
要はロングカーリーテールワームのただ巻き。
結果からいって、買ったシンカーが軽すぎつのか、自分がやるとすぐ浮いてきてしまう
すり抜けはまぁまぁ良い?んですが、、、

あと、ジグスピナーを改造して作ったお手製アラバマリグ
アンブレラっていう感じではなく、ツインスピナーベイトという風体。
ジグスピナーのブレードを外し、2股を付ける。
2股の先にそれぞれスナップを付け、
ジャバロンのノーシンカーをスイミング。
そしてスピナーベイトのシンカー部分にあたるところは、
マジックスイマーソフトをつけようと思っていました。

が、現場で問題発生。
ジグスピナーはジグヘッド(縦アイ)向けに作ってあるので
一般のワームフックのような横アイには向かないのだった。あああああ
急遽マキマキのセット(前述のラトルスネーク)をそっくりこちらに移植しましたが、
ジャバロンとロングカーリーテールの組み合わせの時点で全然美しくなく(笑)
これはもうボツにしますです


T19さんはヤマセンコーノーシンカー?インチ、
私はカットテールノーシンカー3.5インチで様子を見ます。
私のカラーはお気に入りのウォータメロン/ブルーラメです。
OSPのドライブスティックによくありそうな色です。

T19さんは目に見える構造物をよく撃たれる傾向にあるので、私も便乗キャスト。
マリーナの杭周辺を撃ちます。
さっそく出そうなところで、クンクン、とアタリ。
まぁこれはギルだなぁ、と思い、ほっといたんですが
(ギルってよく突いた後、グイーと引っ張っていきますが、
 その後はたいてい諦めるような気がしますので)
その後も糸を張って聞いてみるとまだクンクン引きを感じます。
しまった、これは食ってる・・・子バスなら針飲まれてるかも・・・
とりあえず引っ張ってきましょう。



ガッツリ口元にワームフックがw
どうやって掛かるのかいつも不思議です。
なかなか良い引きでした!ギルに感謝。嬉しいです。

まあカットテールを投げると、いることはいます。
マイクロちゃん。
 
もう釣っていて可愛そうになるくらいの、
今年生まれた新人さんでしょうか、ビッグベイトより小さいくらいの
メザシサイズが釣れてくれます。。。
T19さんは「なんでや!センコーではダメなのか・・・?!」
と悩まれていました。このとき、不思議とセンコーだと反応がなかったですね。
最近わたしはセンコーが信用できません(原因はワームの色だと思いますが)




何だかんだで昼過ぎ。
カットテールノーシンカーをやるにはちょっと風が強くなってきました。
というのも、
水面に張り付いたPEラインが風で流され膨らんで、
ワームが勝手に泳いでしまい、釣りにならないのです。
ノーシンカーはフワーっとテンション無くフォールさせてナンボだと思っているので。
それ以前に、このマイクロサイズばかり釣れるのでは
ちょっと決定打に欠けるなぁ・・・ということで、
ジャークベイト(フェイス)の釣りをします。




釣れません。全くアタリもなし。
うーん、いったい何がいかんのでしょう。カラーセレクトが間違っているのか。
クラウンカラーで様子見る、とモリゾー氏は言ってますが、
そのクラウンで反応なければどうすればいいんや・・・

今回の釣りは、やばそうです。



・・・もう午後1時なんですが・・・
とりあえずコンビニで買ったおにぎりを食べながらマッタリ
T19さんにはその間にポイント移動していただきます。

とりあえず今までやってない攻め方で何か出来ないかなぁ、
ということでBOXを見ると、
そういえば。ありました。
スーパースレッジ。

これなら釣れるんじゃないか?

ちっさいけど自分なりにジャークしたら、いきなり釣れましたw
ちっさい。ほんとちっさいw
ちっさいサイズですがとりあえずウケはいいみたいです。
なぜならば、追加


そうこうしていると、カン!と鋭い金属的なアタリ。
そして中々強い引き。今までのマイクロバスとは一線を画します。
魚体が浮き上がってきます。「大きいかも!?」
そのときT19さんが すかさず、
「(それは、本当に)バスですか??

質問、的確すぎ~~~!
たしかにギルっちーにしてはやや大きめだけども!
いい引きでした!

その後もチェイスあり、回収のために船の直下あたりで
反転させた瞬間に食ってきたり、最後まで油断できません
が、ちゃんと泳いでいないせいか、反応しなくなってきました。


そこで、スピンムーブシャッドを投入。
オイカワみたいな綺麗な色でお気に入りです。
ジャークしても、スーパースレッジみたいにポンポンッと跳ねず、
キッチリと、ピリピリ、ビリリリリと動作しているのがわかります。
うーん、跳ねないけどいいのかなぁ、と思いつつ、使用し続けると、
ガンっというアタリ。
しかもちょっと重い。
 
スピンムーブにがっつり食いついてきました。
本日の子バス達の中では大型ですw
おお、あの跳ねないジャークでも受けるんだな。
これから自信を持って使えそうです。

追加~

ガンっとアタリはあるけど藻化けしたままのマイクロちゃん


大物は混じりませんでしたが、短時間でだいぶ反応があり、
やっぱりワームと比べてアタリが大変わかり易いので楽しかったです。
ワームフックみたいに飲まれたりしませんし、
子バスでもダメージは比較的低く抑えられるのがいいですね。


最後に、ボート屋さんに釣果報告したんですが、
その際に言われた印象的な一言が
「う~ん。ここは琵琶湖だぜ?ってね」
お、おう。



さいごに反省点を。
スーパースレッジですが、途中からアイが曲がっており、
真っ直ぐ泳がないまま使用していました。
まぁジャークするし問題ないだろう、なんて考えてたのですが
これが全くアカンかったようですね・・・
スーパースレッジは跳ねる動きをするだけに、他と比べてシビアなチューンが必要っぽいです?


後日、アイチューナーを早速購入し、
調整前後で泳ぎ比べしてみればすぐわかったんですが、
潜る深度がまったく変わってくるようです。
ジャークで跳ねる方向も軸がはっきりしていて、
軸を中心に左へ右へ跳ねるので、この軸が歪んでいると
ちゃんとジャークもしてくれないようです。

バスにフックが掛かったまま暴れられたりすると
アイが曲がってしまったりするようなので、
定期的にちゃんと泳いでいるか様子を見てやる必要がありそうです。
また、スピンムーブシャッドとスーパースレッジ、
潜行深度やアクションによる使い分けをもっと出来たらいいなぁと
思いました。(まだよくわかってません)

スピンムーブシャッドは古いルアーで現在カタログからも消えていますが
愛嬌もあって、いい色もラインナップされてて、よく飛ぶ
総合的にすごくいいルアーだと思いますので
これからも流行に抗って使い続けたいと思います。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R