忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

ジャークベイトで釣る

前回の琵琶湖(5月)から季節は移ろい、すっかり盛夏。
というか お盆。

今回もバスボートin琵琶湖
船長のすっぽぬけさんから、「次回はぜひジャークベイトの釣りをしましょう」と言っていただいたこともあり、この釣りの日のために、私はジャークベイトを用意していた。
「サイドステップ」
「フェイス」
どちらもエバーグリーン社の超ド定番ジャークベイトである。
こいつを使って釣る…のが今回の目標。

というかジャークベイトの釣りってどうやんの?

とりあえず 前回からお世話になりっぱなしの、
すっぽぬけさんに教えを請うことに。


サイドステップとフェイスの違い・・・を語れるほどの身分ではございませんが
とりあえずは潜行深度が異なります(まー見たらわかりますね汗)。

サイドステップは1.2mくらい、フェイスは1~2mくらいまでカバーするらしい(とうぜん糸の太さや操作によるけども)。

サイドステップはわりと細分化されていて、
ノーマル版(ノーマル素材、ボーン素材)にスローフローティング版、
さらにはサイズダウン版の95(ノーマル素材、ボーン素材)、
加えて、サスペンド版の95もあるみたい。
フェイスにはサイズダウン版の87が存在するのみ。

今回、わたしめが使用したのは、
・ボーン素材のサイドステップ(ベイビーギル)
・フェイス(クラウン)
というジャークベイト2本のみ(少なっ



タックルはG-Loomisのクランクベイトシリーズ。ビッグベイトも投げられちゃう6フィート弱のやや変態竿だ。相方のリールは、懐かしのTD-X(ジウジアーロ氏デザインのアレ)である。
まぁ・・・このタックルはひたすら重いんですわw

自分の思うようにジャークしてみるけど、ロッドのせいか、だるい。ビシビシと振ったつもりではいるものの、それに対応するルアーのほうは、遅れてボワン、ボワンと動く感じ。シャキシャキと捌きたくても出来ない。
こいつぁ専用ロッドがいるのかなぁ~?(泣

ラインも、今回はラパラのナイロン20ポンドを使用していたのだが、タッ○ルベリーの20ポンド(水色のやつ)のほうが固くて、もっとビシビシ出来そうな感じ。ラパラのラインはとっても柔らかくてしなやかだけど、ちょっと伸びすぎな感じがしなくもない。




今回は色々巡っていただきまして、水通しの良いエリアでのジャークで3本、子バスを釣る事が出来た(かわらしいので写真とってないw)。いずれもフェイスによるもので、リップがウィードを触る感じで引いていたような気がします。サイドステップでは釣れなかったー。

最初はまだまだ不慣れなせいか、アタリはポーズ後の次のジャーク時に気づくというか(笑)ジャークがフッキングになってしまった状態であったが、糸ふけを巻きつつジャークしていくと、次第に、
ジャッジャッ…(ポーズ)…「ドゥー!」?!
という感じでやってきます(?)


やり始めは、ラインをたるませすぎたのか、フックにラインが絡まったりしたけど、後半になるにつれ、慣れによるものか?あまりトラブルは起きなくなってきました。
フックにラインが絡むのは、キャストん時にすでに絡んでるか、ラインのたるませすぎか、のどちらかですよね。フェイスは重心移動システム搭載なんで、こいつを意識してウェイトを乗せる感じで飛ばせば矢のように飛んでく。古いリールでも関係なく気持ちよく飛びます。
サイドステップは固定重心なんで(後から知りましたが)あんまり気持ちよくは飛ばないです。


1日のうち、2/3くらいジャークしていた気がしますが、もう竿ごとキャストしてしまいたいぐらい、腕がだるくなる。タックルの改善が課題に残りました。
なんぞいいものないかのう。


すっぽぬけさん、今回も どうもありがとうございました。


-------------------
とりあえずジャークベイト以外にも使ったルアー等の感触とか。

■エスドライブ
実はビッグベイトってマジックスイマーくらいしかちゃんと買っていないので、S字形の泳ぎを見るのは今回初めて。カキーンカキーンとSを描くのでちょっと興奮。使いどころがまだわからん。

■デュエル ハードコアLB-90SP
フェイスより潜るかな~と思って使ってみたけど、潜行深度は一緒か、それより浅く感じた。もっとちゃんと検証する必要あり。今回はあまり使わず交換。

■ゼロハリ
常吉のボケワームとセットで使ったんだけど、フォールスピードがあまりに遅すぎて、ボケワームのピラピラテールが全く動かない。うーんこの。フワっと沈めばウィードに絡まないだろうということで用意したが、かったる過ぎて使用を止めた。ここぞという時に使用し、トレーラーワームの自重でフォールスピード調整すべきかも。面白いがイライラするw

■スタッガーワイド7inch
ライトテキサスで使ったら生命力ありすぎてキモかったくらい、まさに大型のギルである。いかにも釣れそうな感じがしたけど、バスを呼んではこれなかった。とにかくすごい!

■ハマグラビンシンカー
ルアーではないが、デスアダーにセット。ユラユラ緩くロールするのがいかにも釣れそうなのと、飛距離アップするのと、巻いても浮き上がりにくくなるのと、いいこと尽くめな気がする。今回は釣れなかったけれど素敵なツールなのは間違いない。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R