忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

初冬、相変わらずの濁り/締めくくり2017

だいぶ期間を空けてしまいましたが
というか年またいでますが(汗
更新します

 
すでに記憶があやふやなので、
2回分をまとめて書く
・2017.11.23(木・祝日)
・2017.12.3(日)



11/23



■池の状況

天気:曇りときどき晴れ。風は1m~3mくらい。

水面の水温はAM8時測定で14度程度。高いところで16度くらい
水位は満水。
水質は依然としてマッディ。前よりはいくぶんマシな程度


■巻きなさい

朝。
夏ごろから桜池に行くといつもお会いする常連の方がいらっしゃるのですが、
今回もお会いできたので、この方とお話して、
前回濁りがきつかった時の状況を愚痴らせてもらいました。

なんとこの方、どちゃ濁り真っ只中に50アップを釣ったとか!!
自分には、濁り具合は前回とほぼ変わっていない濁りに見えますが、
その方曰く、「今日はちょっとクリアなくらい」だそうで、
濁ったらとにかく巻け、だよ~
と改めて教えてくれました。

自分がピンチと思っていた状況は、この人の大チャンスだったわけ。

というか、クランクベイトとかww
一杯ルアーを持ってるだけで完全に肥やしと化していますが
本腰入れて挑戦してみようかな。

…というわけで後日ゾディアスのグラスコンポジットモデル購入。
 (本当は【BPSクランキンスティック】が欲しかったけど品切れだった)




■疑いから確信へ・・・?

いろいろタックル持って行った気がするけど、
メインはキャロシャッド。
自作のキャロシステムを今回から導入。
いつも糸がよれてリーダーの損傷の激しい部分をワイヤーにしてみた

・・・

ベビーシャッドスリムをキャロにセットして
ワンド内を探っていくと、
キャスト後のフォール中に
これまでに感じたことのない強さで引き込まれる。

とりあえずアワセるも根掛かりのような重さ
生命感はある、動くが、とにかく重い、
でも鯉のような走り方じゃない。

depsのロッド・ブームスラングが曲がるw
大型バスを釣り慣れてないので、
例えるならまさに「動く根掛かり」といった感触

うおおお、と困惑していたのだが、
経験値の少なさが完全に敗因となった。

ドラグを締めすぎてて(2度目の過ち)
パンッと弾けるように、思いっきり身切れ
思い出したかのように、ぶるるるっ!!と
ルアーのアクションが手元に伝わってくるのが虚しい

しかも、その後の糞キャストのせいで
せっかくのベビーシャッドスリムを林に奉納してしまうという痛恨のミス。

仕方なくヴェルトロミノー(ロングビル)にチェンジ。
ぶるぶる感は割といい感じ



場所は同じくワンド内でフォール後のシャクリで
冬っぽい白い魚をゲット。

…うれしいけど、さすがに、
さっきの魚と違いすぎて、すごく貧相に見えてしまう。。。


大型がこの池に居る、とは聞いていたが、
今回初めて、直接、大型?とやりあった?ので、
確信に変わった・・・
気がした。
たぶん。。。
(ちょっと自信なくなってきた
 というのは、魚が水中の木に潜って絡まった
 ということも有り得るぐらいの重さだったので)



奈良からお越しの、スモラバマンの方が近くに居らっしゃってて
少しお話したのですが、
35㎝くらいのを含む6匹を釣り上げたそうな。
流石すぎる。


午後はDUOのレアリスクランクを投げて巻いたけど、
何事もなく終了。
陸っぱりの方がバイブレーション(ライズバッカー?)で
何匹か釣られてた模様。






12/3





 
↑水面近くの白いラインは濁っていたときの水が乾いて引いたあとです


■池の状況

天気:晴れときどき曇り。風は無風~3mくらい。

水面の水温はAM8時測定で12度程度。
水位は-40㎝程度 少し放水されてた。
水質は依然としてマッディだが、11月よりは幾分マシに。
 レアリスミノーの潜るレンジは目視可能レベルの濁りに。


■交通事故的な

依然として濁っているが岸際でシャクリます。

どんどん


サイズが


落ちていった


この調子で小さい魚ならいっぱい釣れるのかなと思ったら
全然そんなことはなかった

以降はパッタリと途絶える。



■また身切れか!

キャロシャッドでライントラブル続出、
ウィードに掛かったようなアタリがあったが
音沙汰がなくなったので、魚じゃないよね。
しかし手元に戻ってきたシャッドをみると
フックに白い肉片が付いてた。

というのも、キャロシャッドで大事な
1stフォール時のラインだるだるにしてたため
何回かアタリを逃してたんじゃないかと思う。
勿体ないことをした。

キャロシャッドは1stフォール命かもしれない?!
テンションを張りながらシンカーの着底を感じるようにしないと。
フリーにしてるとライントラブルも半端ないな~



何匹か釣ってる方にお話を聞くと、ネコリグだそうで、
他の方も厳しいようです。
寒いもん。







というわけで、
非常に尻すぼみで終わった2017年の桜池釣行でした
来年こそは大きいやつ獲りたいですね。(笑)
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R