忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

水位また減る・魚は沖へ2017

まいど桜池へ、特に考えなしに行きました。
8月じゅうにもう一度行きたかったので滑り込み釣行。


いつものパターンではめようと思っていましたが
そうはうまく事が運ばず。。。
な展開です。


※合間に使用したビーフリーズでの魚。
 この後ブレーキ緩めすぎてバックラッシュ、タックルがしんだ


■池の状況

秋の気配を感じつつありますね。
(執筆時は完全に秋モードで朝夕涼しいです。)

天気:快晴、風つよし(風速最大3mくらい)

水面の水温はAM7時測定で27度程度。
水位はマイナス、
水質はボート着き場周辺はクリアだが、全体的に濁り気味。

トンボの数が去年に比べてすごく少ない?
池から、山の急斜面の樹林を飛ぶアカトンボの群れを見たかったのですが。

ウィードの生育が去年に比べて遅い?
この時期、岸際ぐるりと水面まで育ったウィードに囲まれてた気がするけど。。。
去年の状況をちゃんと記録してないからワカリマセン





■朝イチのトップウォーター

とりあえずはWスウィッシャー・ニップアイディディーで、
ボート着き場ちかくのカケアガリ、岸際を狙う。

カケアガリの真上でドボっと出た、
けど早合わせしすぎてルアーが飛んで帰ってきた。

トップは、他にもポッパーを試したけど、このアタック以降は沈黙。

景気が良かった護岸沿いは、
現状、減水によってツタなどの陰になるものが無くなってしまい
魚の反応なし。
水深も一気に浅くなったせいで、
居心地良い場所ではなくなったんでしょうね。



■水中での釣りに移行 カラーチェンジ

ボート着き場周辺は非常にクリアだったので、
キレイなホロ系カラーのザッガーで

でもアタリカラーではないのか、テールフックに掛かっており、
 
前回のアタリカラーのピンクホロもイマイチな感じ。

ギラギラのメッキカラーに替えるも、これもイマイチ。

もっと弱いカラーを!もっと弱いカラーを!

と出てきたのが
ゴーストブルーバックチャートというカラーなんですが、

この系統の色、他のルアーでもまったく実績なくて気が進まない。

とりあえずキャストしてみると、

一日を通してアタリカラーっぽい。
ガッツリ胸のあたりを食ってきてフック2本掛かりです
(写真撮るとき外してるのがほとんどですが汗)

写真ではまとめてますが、拾えるところから小さいのを拾ってくる
という感じで、
魚がどこに居るかというのは全然絞り込めず、場当たり的。
これぞ巻物の得意技w

風通しの良い場所が良いかな?と思ったけどそうでもなく、
なぜかよく分からないような岸際で連発したりした。


30オーバーは1本のみ(※最下段の写真・左右で同一の魚)。
子バスの釣果に振り回されっぱなし!



■新入りルアーで釣る

岸際の弩シャローで魚がバシャバシャ何かを追い回していたので
トレジュ・ワンフッカーのモデル投入

ルアーの着水時点で、水面がどうも落ち着かない感じだったので
これは確実に釣れるなーと思った。
予想通り2、3回食いなおしてまでアタックしてきたので、掛かるまで放置。
ルアーが引き込まてからアワセ。
小さかったけど、楽しい釣りが出来た。


■ザグスティックミノー
その場でクイックターン決めるワイドな動きが気に入ってます。
ヨーヅリの3DSミノーみたいなもん?
だけど入手困難なのでそういう意味では使えない。レジャー用。

タックル弱いのでだいたい藻に巻かれてしまう。


■AF(アクアフリーク) ROWDY MINNOW
ワイドなウォブルアクションが魅力的なミノー(?)
個人的にポスト・スゴイミノーみたいに考えてたけど
使ってみて、体感的にスゴイミノーには適わないかな~
寄せてくる力は見た目よりも弱そう。

この後、ボディ内部への浸水が発覚。誠に遺憾。
そういう所は似せなくていいから。
※スゴイミノーのクリア・ゴースト系は今のところ浸水率100%です(個人調べ)
 ので、オススメしません。


■ハイカットSP
皆が絶賛するシャッドなので使ってたけど、ようやく釣れた
すごく潜る、大人しい、というのが印象。
自分はおそらく使い方を間違ってると思う。


■ヨーヅリ3DSミノー
現行版ではない旧アユカラーが中古であったので使用してみた。

色々な意味で釣ったらいけないサイズ
メザシサイズは、傷つけずに針外すのが一番しんどい。

どうも違うかなー。






■夕方のゴールデンタイム

出るはずのシャローで、全く魚の気配が無い。

ザッガーの、前回アタリカラーのピンクホロカラーにチェンジするも
ほとんどアタリなし。

徒に時間が過ぎ、ぼーっと同じ釣りを繰り返していたら、
沖のウィード(水面まで全然伸びきっていない)のあたりまで
風でボートが流される



そこで流すと連続ヒット。
シャロー側に全然サカナが居てなくてビックリですよ。
ザッガーが効く範囲がピンポイントで狭いのか? 水が悪いのもあるんでしょうが。


サイズがいまいち伸びないので、ISGポインターにチェンジ。
使い慣れたタックルとは違い(バックラッシュでしんだ)、
利き手と反対側のシャクリとなったけど、
魚が追ってきてくれてるのを信じて、、、、

ボート際まであと5mくらい!
頑張ってシャクリ通したところで「グーッ」と重くなる。

ここはもう、「む、報われた~(ToT)」という感じ。
出たら30cmオーバーと思ってたんですがジャスト30でした。

あまり大きな声で言えませんが、このビーフリーズ、
フックがいつも目の近くに刺さるんで怖いんですよね。
普通のビーフリーズ78SPでそんなことめったに無いんですけど。


尻すぼみで、最後は靴紐にフック引っ掛けてしまいタイムアップ。




なお、今回は新しいことをするべく、
・フットボール(5g)
・メタルワサビー
を持っていき、暇な時間帯(昼飯後~)に投げましたが、
結論から言ってこれらは糠に釘フィッシング
釣れる瞬間がまったく想像できないというか。。。

(アンカー禁止の)東岸岩盤でワサビーを落としてみたけど、
トストス着底させてましたが、特に根掛かりはしなかったですね。
底は泥と落ち葉なのかな?

フットボールは、ストーンと落とすために
トレーラーをストレート系(ジャバスティック)にしてるんですが
そのせいかは分かりませんが一向に釣れる気配がないですね。
基本的にはカバーにぶち込まないと無理なのかも。

釣れないとますます苦手意識高まるから嫌ですね。




30ジャストが1匹、30オーバーが1匹、と
グッドサイズには恵まれない釣果でしたが、魚のスタミナはかなりのもの。
引きはどの魚でも非常に楽しめると思います。

何度もお見かけしてる常連さんにお声掛けしたところ、
「巻きまくった!けど全然あかんのでダウンショットばっかりやってる」
ん?自分のやってるのはもしや巻物というカテゴリではないのかも・・・?

「1週間前は巻きでバコバコ出たし、めっちゃ簡単やったけど
 今日は減水のせいでシャローには魚おらんし、難しいな」
と仰っていました、クソッ、一週間前は良かったのか~~!


でかい魚は何処にいたんだろう????
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R