忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

初冬の 桜池

久々の桜池釣行どす。

そのうち行こうと思っていたら、いつの間にか11月も末になっていました。
11月からは、桜池の営業日・営業時間が変更になってます(~翌年3月まで)。
土日祝日のみの営業、AM8:00~PM5:00
(ちなみに正月は3日から営業予定?1日・2日はお休みだそうです。さすがにw)

このところ、すごく暖かい日もありました。が、釣行前の木曜日から一気に全国的に冷え込んだせいで、少しずつ冬の状況になりつつありますね。まぁ近畿なんで、知れてますけど、そんな中で果たして釣れるのか。そして、前日夜から降り続く雨。この雨がどのような結果をもたらすのか・・・?


→結果:24匹

■今回課した目標ですが、以下のようにしてみました。
・新しく買ったルアー(3DBシリーズ)での釣果を上げる。
・キャロシャッドで釣る
・水切り音をなくす方法を考えてみる
ここんところ新品ルアーを買いすぎなワケですが、せっかく買ったルアーで釣らないとちょっと自分が許せないっすねー。とはいえ、ハイシーズンから外れたんで少し厳しいかもしれないですが…。
ちなみに、今回挙げたの3DBシリーズなんですが、ジャークベイト、ミノーのほかに
 
コレも追加購入したんで、ちょっとハードル高いか…???笑


■以下は目標とかではなく、単なる、やることリスト・確認項目です
 ・deeper魚探を使用してみる 
 ・T3MX(SVスプール)は戦力足りうるか確認する
とくに、deeper魚探というシステムが今回から初登場なので、道具に振り回されないようにしないと…。まぁ使えなかったら売るまでですが。あとはタブレットや充電ケーブルが水に濡れたりとかいうトラブルも考えられるので、どこまで現場で対応できるか、とか、その辺の見極めをですね。
SVスプールは、今までリールを寝かしていた分、これから挽回できるのか?気になるところですので、ぜひ良い結果をもたらしてほしいものです。




出発前日の夕方から湿度が高く、夜には雨が降り始めました。
天気予報どおりでなんかムカつく。。。

6:00 出発進行

道中、岸和田SAの模様。さむい。そして止まない雨。



8:00前には入漁手続き完了し、さっそく手漕ぎボートに乗り込む。
おっちゃんにお話を聞くところによると、ここのところの冷え込みで、釣果としては芳しくないそう。ちょっと予想はしていましたが、先が思いやられます(´。`)



■シャローにも魚は居るっぽい

deeper魚探のセッティングに手間取る…
deeperが接続されていません」ハァ!?と思ったらひっくり返ってしまっていました
後述しますが、結局のところ出番は最初の30分くらいしかなく、お荷物に(笑

あー、結局おのれの感覚頼りかよ!!と嘆きつつ釣り開始。
今回は、冬じゃー!小さいのが良いらしいんじゃー! ということで、ロリータバスをも狩り尽くす必殺、POCKETSディープミノー(マリアジャパン)を機軸に、サカナの様子を見てきたいと思います。


ちなみに朝時点での、deeperによる水温表示は14度でした。
これって全然、冬じゃなくて秋の温度なんですかね?
指を水中に突っ込んだ感じでは、まだそれほど冷たくは無い。


8:29、8:34

 
8:35

岬付近で、小さいバスから続いて、ギリギリ30超えのいいサイズまで。
あ~(^^) 良し。

あと、メジャーを巻物系からRapalaのやつに替えてみたんですけど、見えにくくてスミマセン。これ、見ての通り写真にはホント向かないし、ヌルヌル滑るしで、そういう意味ではオススメできないです笑。30cm+30cmの2つ折になっているのがポイントで、最大60cmまで測れます。
わたし個人が計測して楽しむぶんにはとても助かってます。自分のように、30cm以内のサイズをよく釣る人間としては、余計な長さ(1m超えてるとか)がないメジャーってのはなかなか無くて、コンパクト・まぁまぁ丈夫なのが凄くありがたい。魚の口を当てる板部分も畳めますし。ただ、30cmを超えるヤツの計測には、折りたたんだ部分をこじ開けてやらないとイケマセン。この折りたたみ部のロックが結構硬い(使ってると多分グズグズになると思いますが)片手がふさがってるときに開けようとするとイラつくこと必至。

 
8:39

8:43、8:58

・・・どんどんサイズが小さくなってきた(笑)心が痛む。
こんな隠れる場所もないオープンなエリアに、このようなロリバスは今まで居なかったんですけど、季節が冬へ進むとこうなるんでしょうか??
こいつら・・・もしかして、大型バスの餌かもしれませんね。


POCKETSでこれだけ反応があるので、まぁ・・・ちょっと欲が出てきました。ルアーサイズを大きくすべく、ベイトフィネスタックルにチェンジ。



9:29

3DSミノーでジャスト30ぐらいのサイズ。
こやつ…、頑なに尻尾をクイっと上げて、計測を拒否したので苦労しました。魚なりのちょっとした嫌がらせかなぁ。




そのままシャローをサーチしますが、ボートポジション&投げる場所が悪いのか、ルアーも合ってないのか分かりませんが、いかにも魚が出そうな場所では反応なし。とりあえず対岸のワンドの方へ。


10:56、10:57


11:04

ジャスト30くらいの良い感じのやつ。
ロリバスだけでなく、こういうのも釣れてきちゃう、それがPOCKETS。
ただ、標準のフックが弱いのですぐカパァーって伸びるのと、とにかく飛行姿勢が悪いので着水後に絡んでる&シャクった後に絡んでる、というのがストレス。

 
11:11、11:44

その後もPOCKETSや3DSミノーで小型を追加してお昼時。
こんな感じで、シャローに占める小型バスの割合が高まっているように感じますが、それはこの小さいミノーを投げているからなのか?小型しか居ないのか?は分かりません。
ただ、たまにポツポツ30台が混じってくるので気は抜けない。

なお、お昼ですが、いつもなら着岸というかトイレすらせず、船上で昼飯を済ませてしまうのですが、さすがに今日は雨がザザ降りなので厳しいと思いました。休憩がてら陸へ。




■勢いを増す雨&水温低下?

予報では11:00ごろが強雨だったので、峠を越したか?と思っていたのですが、実際には強雨のタイミングが昼過ぎにズレこんでいたようです。池にボートで浮いたら、すごい雨足が強まってきました。

12:20、12:30

  
13:38、13:57

水門まわりの下流域では、表層付近の水が悪く、雨が降っても泡が消えない。
パッと見はイマイチだけど、ディープはどうか分からない。こういう所こそ、deeperで見て確認してみたかったけどなー。
(ちなみに、春にお会いした方いわく、冬にはメタルバイブを撃つ船がこのあたりに集結するらしいですw)

そして、雨が冷たい。水温も、体感で朝より冷たくなってる気がするんだよなぁ。
雨で存在を忘れがちなんですが、北からの風にボートが流されます。



発達した前線のようなものが見えます・・・orz はやく止んでくれ



■新幹線のような引き

そんな中、今回の釣行で印象深かった出来事です。

弩シャローのワンド入り口を3DSミノーで攻めていたら、すっごいアタリ。
ーン!!ってきました。しかし、すごかったのはそこから。

まず魚体が一切見えない。もう底見えてるようなシャローなのに・・・。ステルス迷彩か?!と思うくらい。バスなら間違いなく白い腹見せたり、エラ洗いをしてるはずなんですけど・・・?ドラグも勢いがすごすぎてライン放出が止まらない 笑えるくらいに出るw

と思いきやフワーっと軽くなる。一瞬、ラインブレイクしたかと思いました。
ほんと、この瞬間、ザ・ワールド!!時が止まった・・・ という感じです。

とはいえラインぶち切られたってな感触は無かったので、ふっと我に返ってラインの先を探したら、ああなんだボート近くの水面にあるじゃないですかーやだー!と思った瞬間そのラインが背後へギューンンンンと走り去る。
もう、まるで新幹線が通り過ぎたような勢いだったので、瞬間的に何が起こったのが分からなかった。

よっし!今から本格的にファイト始めるよー!!っと構える。
ラインは相変わらずギュンギュン放出されるも、1秒後すぐにヌルッという感触とともにテンションが一気に無くなる。


・・・身切れを起こしたのか今度こそフックアウト。
どうみても鯉のたぐいです本当にありがとうございました
ルアー・ライン自体は無事でした。

後でドラグ設定を確認したのですが、結構な力で引っ張ってもジワーっとしか出ないような設定だったのです。それを、いとも簡単に引っ張り出すとは、恐るべしパワー。

結局、一瞬たりとも姿を見ることが出来なかったのですが、いつか戦って引き揚げてみたいものです。なお、この経験は今年の夏にも1度しておりますので、2度あることは何とやら、、、あるいは、3度目の正直とも言いますし、今度こそはやっつけたい。




14:28

しばらく放心状態でシャクってました。
我に返ったところで30ギリギリ超えたかなサイズ。
このあたりのシャロー一帯の中でも一等地と踏んでいる場所にキャストし、シャクったら狙い通り食いついてきました。
・・・「居れば食う」みたいな言葉を自然に吐いてみたい。


14:37

新顔のクリスタル3Dミノーで。
サイズ的にもターゲットミノーとかと被って見えちゃうんですが、凶悪な標準フックや構造からして、海用メインなんですかねコレ。3DBシリーズではないですが、入魂完了ですね。

個人的に、フローティングミノーに反応しだしたらコッチのもんだZE☆
なーんて思ってたのですが
残念、後が続かない。
・・・調子に乗って3DBミノーシリーズを投げますが反応はなく。

しかも15:00。周囲が暗くなり始め、そろそろ焦ってきます。

まぁ、でもタイミングさえ合えば良い感じのバスと巡り合えそうだな。
時間を置いてボートで入りなおすと、また別のバスが居るかもしれない・・・。
ということで、今は違う場所をチェックするか・・・


ところどころ、岸際では濁り始めているようです。雨は、止まない・・・('A`)
この濁りがいいのか悪いのか分かりませんでしたが、なんか濁った場所に雰囲気が出てたのでチャートカラーの3DSミノーとか投げてシャクってみるも無反応でした。



ワンドは底が深くなってくるので、POCKETSではなく、HMKLのZAGGERにチェンジして、午前中とは違う層を狙ってみる。
ザッガーといえば、ベビーシャッドで有名なSHINGO氏が、スピンムーブシャッドと並んで、「他にはない」と列挙していたルアーです。


15:25

こんなサイズのバスにズッポり吸い込まれててショック。もっと小さいPOCKETSディープミノーでもこんな食い方されないんだけどなぁ。キレイに外せたから良かったですけど・・・。

なんだか、このザッガーというルアー、自分が使うと、追ってくる魚は思い切りが悪く、しつこくチェイスしてくるのが多いです。こう、思い切りシャクってもバイブレーションみたいに痙攣してるような動きなんで、いまいちバス側も食うタイミング分からない感じなのでしょう。
スミスのパニッシュとかも大人しい動きだけれども、このザッガーとは違う(メガバスのシャッディングXもザッガーに近いんじゃないかなと勝手に思ってます)。
・・・きこえますか・・・わたしはザッガー・・・POCKETSより潜行深度がほしい時は呼びなさい・・・みたいなキャラ設定でシャクってたんですけど、とにかくよく潜りますね。で、回収時に巻き上げてきて一気に浮上させたときに、しつこく追いかけてきたバスが食うっていうパターン。


ワンドの表層付近は午前中に流してるんですが、3DSミノーでは反応がなかったし、感覚的にはイマイチな感じがしていました。今度は少しアプローチを変えるべく、全然キャストしてなかった、ラグゼカマーのMHタックルを使用して、深めを狙ってみます。

SVスプールをハメたT3MXタックルで、メガバスのマーゲイをキャスト。
けっこう投げてるんですが、真夏以来、ぜんぜん活躍できていないルアーです。



■SVスプール換装後のT3MX

神。
これアルファスSVそのまんまやーん!って感じのキャストフィールに劇的変化してマジワロス
ここまで変わるとは流石に想像してなかったよ
ちなみに心の準備はしていたけれども「SVスプールに換えても全然クソやんけ~!!(´д⊂)」って悲しくなるのが怖くて、なかなか今までキャストしてなかったのは秘密。 T3MXはマグブレーキダイアル以外にも、より大まかな3段階のマグブレーキ設定(マックスブレーキ・オールラウンド・ロングキャスト)がありまして、マックスブレーキ~オールラウンドまでしか試せてない。ロングキャストはバックラッシュがちょっと怖いなぁw


ワンド奥も投げてみたのですが、反応が希薄だったので、逆方向を向いて、水通しの良さげなワンドの入り口付近を狙ってみます。カマーでマーゲイをシャクるのは初めてですが、全然良い感じだわー。



などと調子よくダンダンやっていますと、ウィードを掛けたような・・・一瞬竿で聞いてみます。
すごく微妙な違和感 としか言えないのですが、とにかく、なんかヘン!と感じたので、ウィードなら引きちぎる勢いで、とりあえずのガツン巻き合わせ。
重い!!そして後から伝わる生命感。
こりゃーサカナだ!



グググーっと水面まで引き寄せてくると、体をひねって暴れます。
見ると、テールフックにしか掛かってない! ここで余裕かまして暴れさせるとバラしそうだったので、潜ろうとした先にネットを構えて入ってもらいました。ちょっと余力を残してのランディングなんで暴れました。



15:36

34~35あたりのサイズ。黄ばんでますね~。なんで?
このフックの刺さり方だと、そぉ~っと後ろからルアーを小突いてきたんでしょうか。自分にしてはよく集中して対応できた方だと思います。
・・・というのは、夏にマーゲイが大活躍したときのことですが、目視でルアーを確認できるくらいボート手前までシャクってきたマーゲイにバスがずーっとチェイスしてきたことがありました。バスはルアーの尻尾あたりをチュッと吸い込んだようですぐ吐き出したみたいなんですよね。ちょうど自分はよそ見していて、違和感のようなアタリは感じたのですが、ルアーに視線を戻した時にはオエーってルアーを吐いてるバスが(笑)案の定、掛け損なって悔しい思いをしたのを思い出しました・・・。
そんなわけで、マーゲイに来るバスは、「てめー殺す!!」って感じで来るやつばっかりじゃなくて、おっかなびっくり尻尾を啄ばんでくるタイプも多いのかなぁ?個人的にはそういう印象です。


15:43

ザッガー。やっぱりシャローよりもちょっと深めのほうが反応がいいのか・・・?




■岬攻めで連発

ワンド内のサーチは15:30までにして、16:00頃にはシャローへ引き返そうと思っていたのですが、見えないサカナたちに導かれるようにして、そのまま、ワンドから連なる水通しの良い岬をチェックしに行きます。しかし、思ったような反応は無。


岬は、見た目以上にとても深く、マーゲイで反応が無いので、おそらく手持ちのルアーだと全然届かない範囲に魚が居ると判断。夏とかだと魚が浮いてるんで全然チャンスあるんですけど。

そこで、リップの長いシャッドをキャロライナリグにしてブン投げてみます。ベビーシャッドFC
なんでコレにした?!って言われると困るんですが、リップ長いし根掛かりし難そう・・・みたいに考えてただけです汗

投げるのが難しくて、スリングみたいにリグがぐるんぐるん回りながら飛んでったりしましたが、3/4円弧を描くようにして意識して投げたら、結構キレイに一直線に飛んでいくようになりました(100%ではないですが)。


・・・着底。結構時間がかかる。糸ふけを取って、ガンガンしゃくる。
けども、思った以上に動きがルアーに伝わってない様子。
なぜならブルブルしてないので!!

じゃあブルブルさせよう(ホトトギス)って感じで、ビッグスプーンみたいなシャクリ方でダンダンとシャクってみます。そうすると、シャクリ慣れた感覚が手元に伝わってきました。あー、オモリが付いてるだけで、やることは一緒なんやな、と。
ちなみに、ディープでシャクるのは相当なパワーがあるロッドじゃないとキツイのではないかと思います。デプスのブームスラング使ってますけど、ベイトにしたほうが楽にパワー伝わるかもしれないなぁ・・・いやしかし、フォールはスピニングに勝るものはないし・・・またタックルは試行してみます。


リズム出てきた。
ダンダン、フォール(ポーズ?)。ダンダン・・・
・・・そしたらシャクった直後に竿がゴゴゴンと引き込まれる。
「うごぉっ!(@ω@;)」

なんか黄色っぽいような白いようなお腹が見えてきました・・・バレそうにないフックの掛かりですが、スピニングタックルなんで一応ネットで確保。

    
16:02

本日の最大サイズ。36あるかな~?
正直、ここまではっきりアタリがわかる釣りだとは思ってなかった。


逆方向を向いて投げる。
着底後、さっきと同じ様にダンダン・・・グゥーン
「ふぁー!(@ω@;;)」


16:06

まさかの連続ヒット。こちらもネットで確保。ギリギリ30くらい。
黄ばんでますね~。


2度あることは・・・とか言いますけど、ここで反応は打ち止め。
もっと早く試しておけばよかったですね・・・。
個人的に〆はやっぱりシャローがイイワと思い、遅くなったけど戻ることにしました。



■ラストフィッシュ

この時間になると、個人的にはやっぱり3DSミノーかな。


居るんじゃねーか?と思ったら、やっぱり居た!
 
16:41

何気に35ちかくあるサイズでしたw

うーん、前回はシャローに投げれば魚に当たる、って感じだったんですけども、予想したよりもずっとエンカウント率は少ないようですね。もう1匹くらいは搾り出せるんじゃないか・・・と思ったのですが、さすがに甘かった。これがラストフィッシュになりました。




今回の釣行もまた密度の濃いものとなって、とても満足でした。
なお、この日はボートは私だけでして、貸切状態。まぁ冬の雨ですしねぇ…。でも、防寒しっかり対策しておけば意外と寒くは無かったんですよ。問題は、時々タラーリと首筋を伝う雨が背中とかに到達したとき。一気に寒くなりますw

帰着の後、片付けしてると、もうこんなに周囲は真っ暗に。

ボートおよび陸に、携帯のライト照らして忘れ物とかないかチェック!
明かりは必携です。

おしまい。




■水切り音について

ビシュビシュ音をさせながら水面とラインを見てました。
(今回はまあ一日中 雨だったし、音自体は大目に見てもらおう。。。)

今まで気付かないフリしてたんですけど。。。水切り音がするシチュエーションって、フローティングミノーで比較的シャローをシャクってるときに多いですね。
シャッドなど、やや深いところを引いてるときは、ラインが水面に突き刺さってる状態でのシャクリとなり(PEラインでラインスラック出しまくってない限りは)それほど耳障りな音はしないです。

で、フローティングミノーですが。私の場合、シャクった後、ルアーを跳ねさせるためにラインスラックを出してるんですが、これによってラインが左にフワー、右にフワーって流れて、水面に張り付くんですね。この状態で、次のシャクり動作によるテンションがかかりますと、フワーっとなっていたラインが直線に張り、このときラインに張り付いていた水が弾け飛んだり、はたまた水を巻き込んだりして、ピシャアという音が鳴るようです。(伝わりますかね???)


なので、ひとまず、今考えられる対策としては、しゃくった後のラインスラック処理。ラインスラックは作るが、しかし、次のシャクリ動作に移る前に、ルアーを引っ張らない程度にラインスラックを手早くリーリングで除去する。これによって、かなり水切り音減らせるんじゃないかなと考えてます。リーリングのタイミング難しェーけども。

上記を実際に試しては見たんですけど、なにぶん雨降ってる状態だったんで、おっ?いけるかも?!というのは実感できず。今度静かなときに改めて実践したいです。



■deeper魚探

想像はしていたけど、雨のせいで厳しいデビューになりました。
表示端末の電池消耗が激しいです。
本当なら、タブレットを充電しながら表示端末として使いたかったんですよ。それを今回は雨なんで、防水携帯で無理やり使用してました。

自分の場合、携帯ですべて釣果などの写真を撮ってますし、復路での交通事故などの緊急時にも連絡できるような電力はさすがに残しておきたい。。。などと考えると、電池消耗を心配しながら魚探をかけるのはかなりリスキーだったので、途中から使わなくなったわけなんです。

可能な限り、携帯電話ではなくタブレットなどの別の表示端末+モバイルバッテリーを使用したほうがいいですね。

それと、deeper接続中は表示端末のネットワークが繋がりませんこれが一番ビックリしました。つまり、GPSでの位置はおさえられてるんだけども、地図が表示されないんです。
なんで「オフライン地図」機能が必要なのか(=オフライン地図を予め端末にダウンロードしておく必要があるのか)が分かった気がします。

ちなみに、家に帰ってみたら、ちゃんと端末に魚探データが保存されていましたよ。

30分で約8MBくらい。これはナロー/ワイドビームによってデータ量が変わるのかもしれません。また、ファイルでこのデータの在り処をおさえられたら端末間データ共有も簡単なんだけど、googleドライブ経由の書き出ししかできないんですよね。それにはdeeperでgoogleアカウントと紐付けて(サインインして)書き出す必要があります。ここが何かこう・・・うさん臭いんですね。今後もdeeperを盛り上げてく気があるのかと問い詰めたい。
deeperアプリは必要とする権限が多いので・・・誰か詳しい人、ネットワークパケットとか調査してくれないかなぁ(願望)


なお、今回、百均のウレタンマットレスを切り抜いてdeeper用浮き輪作ってみたんですけど、要らないかも。なぜなら、移動中にひっくり返ってたので笑
ちなみにdeeperがひっくり返ってると、「deeperに接続されていません」となります。

またdeeperについては詳しくインプレをまとめたいと思いますので、まずは晴れた日に釣りに行ける様に日ごろの行いを清く正しくしたいとおもいます。


■反省:使ってないルアー

結局、いつもの!やつばかり使ってしまって、以下は使いませんでした。
・3DBクレイフィッシュ(結局使わんかったんかい!笑)
・3DSバイブレーション
マスクミノー
・フェイントベイト

家に帰ってから後悔。ちゃんと使ってやろう・・・。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R