忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

最近の買い物と、その感想

シーズンインに向け、昨年末から色々買い物をしましたが、
とりあえず文章化しとくか。みたいな軽いノリで書きます。


SHINGOブレードスクリュー
 
ソルト用のカラーでも普通に淡水で使えそうなヤツがあったので購入したけど
フックがめっちゃゴツイ太軸なので交換した。

また、アイの向きに個体差があり、
酷いやつだとかなり上を向いてるヤツが混じっていた。
その個体はゆっくり巻くとアイのペラが回ったり回らなかったりなので、
干渉してるのではないかな~汗


特徴的なブレードだけども、
デフォルトでは、金か銀のウィローリーフブレードが腹に付属
ただ個人的に色の組み合わせが気に入らない(根拠は無い)ので
そういう人は複数購入してブレード交換するなどしかない

ブレードのスプリットリングには、たまにフックが絡んだりする。

デフォルトのウィローリーフブレードでは、
極めてゆっくり巻くと、ブレードがゆらゆらするだけで回転はしない。

ウィロー→コロラドに変換すると、
よくブレードが水を噛み回転するようになるし
スピナー引いてるようにプルプル振動が手元に伝わってくる。
フォールの際もプルプル震えるようになる
けれどもI字形としてはどうなのっていう、大きな疑問が残る

釣れてないので何とも(^^;)



ISGポインター

↑ゴーストっぽい色に見えますが、反射板です。透けません。

In Shore Gameポインターの略、めっちゃソルト用のポインター
Webカタログの仕様ではサスペンドとなっていたが
あくまで海水でサスペンドということ。
淡水だとスローシンキングになる。

ポインターSPと比較すると、
SPだと腹のウェイトが2つ入ってるところが、1つに減らされている点、
SPのフックに比べてフックがごん太軸になっている点

などという差が見られる気がする。
フックをとりあえずSPのような細いのに替えただけだと、
淡水での浮力が結構キツめになってしまう。

デフォルトの太軸フックは、で大きさが違うので、
小さめの太軸フックを腹側に移植して、尻側を細軸フックにチェンジ。
ひとまずSP化に成功か・・・?と思いきや
カラーによって差が出るのは何故だw

黒金と、チャートリュースピンクシートラウトというカラーを買ったのだが
浮力にだいぶ差が出ている
黒金がフローティング、
チャートリュース~はSPよりもずっとサスペンドするようになった。
どっちが良いかは分からないので、とりあえず試してみるかな・・・。



メガバスのトップウォーターロッド

トップウォーターで釣ろう、とは前々から思っていて、
しかし手持ちのロッドだとアクション上手く出来ず苦手意識が強かった。

そこで、タックルについてトップ師の
T19さんに教えてもらったのだが、
「竿なら、メガバスのエリーゼがめっちゃいいんですよ!」
とのことだった。早速、ベリーネットなどで検索。

公式をみてみると現行のエリーゼはこのページF1-60X)なのだが
コレF0-60Xpも一番目にヒットするけどちょっと違うものっぽい?)

デストロイヤー(wikipedia)

過去のインプレなども調べてみると、
初期のデストロイヤーPhase1はHT800なるブランクスを使っており
これは粘りのある低弾性な素材で、聞くからに使い勝手が良さそうな感じ。
のちにHT1000、Hi-10などブランクスが変更になり、後期になるにつれ、
カリカリ高感度の掛け調子のロッドになっていく模様。

また、インプレでは、トップウォーター用途であれば、初期モデル、かつ、しっかり曲がるシングルフットのガイド採用版がオススメされていた。(ダブルフットのガイドは、ロッドの曲がりをかなり抑制する、と耳にしている。)

最初期のものはオールダブルフットガイドでグリーンブランクス(コンバットスティック的な艶ありのもの)。
その次の世代が、一部のみがダブルフットガイド、マットブラックのブランクスになる。艶コーティングされてないので軽量化されてるけど、傷ついたらちょっと折れやすくなりそうで怖いな。

私の買ったものはこの最初期の次か、もしくはその次のモデル(98年~?)っぽい。


 :
 :

で、購入して手元に来るまで、
そもそも疑問に感じていなかったけれども・・・

このF1-60Xという竿、エリーゼではないです。
ULTRA FUNCTIONという竿です(サブネーム)。
エリーゼは、F0-60Xなんですね・・・汗

現行のページに踊らされていたけども、私の勘違いで御座いました。
てっきりULTRA FUNCTIONってどの竿にも書いてあるような
謳い文句的なものかと・・・

まぁ、用途はエリーゼと大きく差は無いと思われますが
エリーゼは大きめのルアーを扱うことも考慮してか、バットが太いんですよねぇ。
手元に届いたF1-60Xは「うわぁ細っ!ホントに大丈夫コレ・・・」と
思わず心配しちゃうようなスレンダーなロッドでした。

そんなに安い買い物でもなかったので、使い倒したいと思います。
とりあえずザグスティックペンシルが凄くよく動いたので、そこは満足。


PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R