忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

中古タックルボックスを磨く!

メイホウ VS-3070  中古で1500円也。
仕切り板も、最低限の数が付いているし、特にヒビ・欠け等もないので、実戦用にと購入。

   



半透明のフタ部分には、キズ汚れ多数。ワームバーンしており、溶けた部分のラメがキラキラと輝いております。恐らく、ワームをこのボックスの上に置いて夏のボートなど炎天下で溶けたか…他にも、何らか白い塗料が垂れた跡や、ステッカー剥がしたけど粘着質が残ったままで、取ろうとして引っ掻いた傷が見られます。

最初はステッカーで隠そうと思ったんだけど、凸凹が激しく、ステッカーの脇から見える引っ掻き傷とかは、何か出来そうでそのままにするのは何だかなぁ、と思った。

そんなわけで、こいつを磨いて綺麗にしていく。




まず、ステッカー剥がした後の粘着質ですが、これはセロハンテープで取る。

…といいつつ写真撮り忘れ(^ω^;)
ちょうど、メイホウのVS-504を買った時に粘着質が残ったので実践。
(店で売れ残っているケースなどは、シールが綺麗に剥がれず粘着質が残る場合が多い)

手順は単純、テープを押し付ける→押し付けたままこするように力を入れてバリッと勢いよく剥がす の繰り返し。

バリっと剥がしても取れない場合は、テープを押し付けた後、爪でゴリゴリと圧着してから剥がす。  
あとは、テープが耐えられず切れたり、汚くなってきたら新しいテープに替える。 汚いまま使用していると、せっかく取った粘着質が再び付いてしまうこともありますが、どうせ一緒に取れます。
  
粘着質のみの状態にしないと食い付きが悪い。上の写真のように、白く毛羽立った紙の部分があると、どうもよくない。
 
ひたすら地道な作業だけど、ちょっとずつ取れていく様はカイカンである。
  
洋楽CD(輸入盤)の未開封シールとかにも使えるテクです!是非どうぞ

 




次に表面のキズ、凸凹…ワームバーンは、爪でこすったくらいでは全く歯が立たず、フタと完全に一体化している。
そこで、磨き粉と、400番、1000番の紙ヤスリを用意。



まず磨き粉でザカザカこすります!
ワームバーンの箇所は400番ヤスリで重点的にこすった後、1000番ヤスリでこする。

最後に1000番ヤスリで、全体を、
カンナで削るみたいに一定方向に撫でて方向性を付けて終わり。
 
  
  
  
 
(^ω^;)

うわぁ…。ワックスを拭き取っていない車みたいになった。何かこう…凸凹と引き換えに大事なものを失くした気がしないでもない…

また、磨いたことによって経年のくすみ・変色が際立つようになてしまた。手作り感丸出しというかね…(写真、中には白、チャートリュースのバズジェットが入っています)。
 




実際には、一旦ここで作業はなすすべなく終わってしまった。

しかし、別の日に、ワームバーンした中古ルアーを買ってきてしまい、それを見抜けなかった自分を責めている時に、この記事を読んで新たなステップを踏むことになったのだ。

THE DIE IS CAST.:意外と使える台所用品


これは…!メラミンスポンジ! 多分1000番ヤスリよりは細かい

ってことで早速、メラミンスポンジを拝借して磨きます!



濡らしてこすらないとダメっぽい。
  
  
  
  





なんかが出てませんか?!

おおお!!!





ちょっと感動です。

ヘアライン加工っぽい、美しい線が出ています。

※この工程でも、最終的にはカンナで削るみたいに一定方向に方向付けしてます。
 ワックスがけみたいに円を描いてこすっても大丈夫かも知れないけど、一応。


まだ終わらんよ。
いや、正直ここで終わってもいいんですが…試したいものがありまして。
プラスチックの艶出しで検索していたところに見つけたこの商品。


 KOYO ニューサンライト プラスチック用コンパウンド


ネッチョリと布にとり、表面に塗り込む。




 
車のワックスがけの要領です。

最後に乾拭きします。





  
キラキラです!!!!!!!!
キタワァ*・゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜・*





この忘れかけていた透明感
コンパウンドの成分なのか、すごく光沢が出ます。イイネemoji




が、このキラキラ、今までの工程で除去しきれなかった穴や、ヤスリがけの際に勢い余ってつけた傷をくっきりと炙り出します(汗)。…もしも徹底的にやるならば、400番よりも荒い番目のヤスリでガッツリ凸凹をならし、メラミンスポンジの前に、1000番台よりも目の細かいヤスリでの処理も必要なのかもしれないですな…。要検証。

あと、コンパウンドですが、他にも時計用、車のバンパー用など沢山あったので、もっとコストパフォーマンスに優れたものがあるかも知れません。一例として参考になれば幸いです。

   


おしまい。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R