忍者ブログ

NOWでYOUNGなLUREズ

釣れなくてもいい。たくましく育ってほしい。

SS SVを買いました

14スコーピオンが期待したよりも大幅にちょっとアレだったので…次のリールはどれにしようかな…。

…最初は、何の疑いもなくアルファスSVを再度購入しようと考えていました。
しかしこの記事



新発売のダイワ「アルファスSV」が気になる件 | 続・荒川へ釣りに行く

ダイワの中でみると、アルファスSVとSSSVの用途が若干被っているようです...

という一文にえらく反応。
そうなん????!!!!



というか全くノーマークだった、SS SV
ここにきて、アルファスSV一択だった心が揺れ動くw

SS AIRは知ってたし、SS SVもWebで見てたけど、すっかり忘れていた。というか選択肢にも挙げてすらいなかったSS SV。

実はそもそもスペックはアルファスSVに凄く似ていたのですね??!←混乱

ダイワ アルファスSVとSS SVの違い UNITORO

↑ すると、コチラの記事にも詳しく載っていました。
※2016-10現在だと、だいたいアルファスSVで2万円ぐらい、SS SVが2万5千円くらいです。

今回購入を検討していたのは、MHのラグゼカマーに搭載予定のリールなので、アルファスSVよりも軽いらしい?SS SVのほうがマッチしていると判断しました。






実際に買ってみたら、サイズ感はアルファスSVとほぼピッタリ一致。
SS SVもかなりコンパクトです!

価格的にもアルファスSVと比較して5000円ほどアップしているSSSV、というか何気に手持ちのリールの中でも最高級クラスのSSSV(≒アルファスAIRも同じくらいの値段)ですが、確かに装飾などがアルファスSVよりも少し華美な印象を受けます。かと思えば、ハンドル周りのドラグノブなどにマットブラックを使用していたり。アルファスSVはザイオン樹脂をアピールした艶のあるドラグノブですが、これはこれで、まぁどっちが高級感あるかというわけではないけど、両方好きですけどね。

そして、軽い軽いと思っていたアルファスSVよりも、SS SVはさらに25g軽いという事実。
かと思えば、糸巻き量がアルファスSVよりも少し多くなっており、若干ですが太糸向けになっている。
少し軽めのルアー投げたいのなら迷わずアルファスSVにしますが、アルファスSVで投げてるものよりもやや重いクラスのルアーを投げると分かっているので、今回はSS SVで間違いない。

ギア比はちょっと迷いましたが、ノーマルギアの6.3にしておきました。
アルファスSVの5.8に近いですし、14スコーピオンと同程度ですし。


そして、ココ迷う人はあまり居ないかと思いますが、左巻き/右巻き。
ベイトタックル・スピニングタックル共に、わたし手持ちのタックルはほぼ左巻きです。
ここ最近、とくにロッドを持つほうの手・右手でシャクってばっかりなので、右手首を壊してしまいました(ずっと痛い)。このままではヤバイのでは、ということで右手を鍛える左手も使えるようになるべく、今回は右巻きを採用。




…というわけで、フロロ16lbを巻いて、大野ダムへ実際に釣りへ行ってきました!




■個人的 投げてみたフィーリング

まぁSSSVで投げた感じは、アルファスSVとほぼ同じで、というか、ハッキリした差はわからず。アルファスSVでずっと投げてるルアー(ビーフリーズ78SP)をSSSVのタックルで投げてみたけど、ほぼ同じ感覚で投げられましたね~。といっても、14lbと16lbのラインの違い・竿の硬さが違うんで、自分が鈍感なだけかもしれないですw

シマノみたいにギイイーーンとかっ飛ぶという感じではないんだけども、何はともあれすごい楽。
言葉にするとSVリールのキャスト時の感触って
「ヌルーーーーー…」「スーーーーー…」
って感じで、後半、マグブレーキで良い感じに失速して着水!ノーサミング!って感じの楽チンさです。
ルアーに対してマグブレーキ設定が弱いと、ロッド振り切ったときに一瞬ジュワっとバックラッシュ音がしますが、バックラッシュはせず、そのまま後半スーンと延びてポッチャリと着水。擬音はうまく言い表せてない気がするけど、個人的にはこんな感じw

ブレーキ調整をどうのこうの、あまりシビアに考えなくて良いのが、ズボラな私的にはホントサイコー。まぁそれを良しとせず、常に各ルアーに対して最良のブレーキセッティングをし、最高のパフォーマンスを得る、本来そうすべきですなんでしょうけどね。





■右巻きを後悔するも時すでに遅し

はい。右巻きめっちゃ後悔しました
手首を壊してでも慣れた右腕でシャクりたいと心底思いました。笑

というわけで湖上で約1時間ほど、左手でシャクる練習をしてましたw
何やってんだ…こんなはずじゃなかったw
というかいつも、反対側の腕で一体どうやって操作してるんだオレ???


その時なげていたルアーは、スーパーDDスクワレル。
めっちゃ潜る&抵抗大きいんですよね。
特にめっちゃ潜るという点、これが厄介です。感覚が全然つかめません。
こりゃ~埒がアカンナ、と思って、ビーフリーズ78にチェンジ。
もしかして全然うまくいかないのはルアーのせい?なんて。

確かにそうでした。
ビーフリーズなら何とかシャクレるなぁ。ビシビシ。

じゃぁもっと難易度上げてみよう、ということで、CLミノー改を投げてみる。
コイツでどんどん潜らせることが出来たらとりあえずOKかな。


…水面飛び出さず潜りますね。アレ?
で、スーパーDDスクワレルに戻すも、やっぱりしっくり来ない。糸がすごく水底方向を向いてるんで、これ竿振りにくいったらありゃしない。ねじ伏せる腕力がないとちょっと厳しいなあ。

とにかく難しいのが、竿の振りではなく、反対側のリールを巻く手。この、竿の振りを邪魔せず、しかし竿と連動できる位置に手が居ないんですw

巻き手を逆にしただけで、ここまで出来ないものなのか…。
わたしは感覚で対処できない人間(運動音痴)なので、今後、体でどうにか出来る様に工夫するしかないですね。マイッタ。

それと、キャストした後、糸を巻き始めるべくリールのノブを探して「あ、こっち側にハンドル無いわ」ってロッドを持ち替えるマヌケな場面も多々ありw
まだ慣れないですねぇ。

前途多難です。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
sap2
性別:
非公開

忍者カウンター

P R